CONCEPT

FERMATは、コミュニケーションという社会の基底を与える領域の変化の徴候に照準しながら、未来のビジョンを描くことで、新たな何か=“X”、の誕生を促します。

トランス・アトランティックと大統領選
先週、オバマが欧州を訪問した。 公式には、デモクラットからの大統領候補指名も受けていない人物が、この時期欧州諸国を訪問し、各国の主要な統治者と会談する、というのは、異例中の異例ということで、いや、だからこそかもしれないが、アメリカの主要報道機関は、オバマと随行して、現地からのレポートを続けた。たとえ...
続きを読む
HEROESと《地球化》の時代
アメリカのテレビドラマのHEROES、この三連休で一気に見た。 PVをどこかで見たときに、またXメンのパチモンのようなものをつくって、と侮っていたのだが、結構面白かった(もっとも、いわゆる「海外ドラマ」というカテゴリーには大体あてはまるものだが)。少なくとも、もはやドラマなのかタレントのパブなのかわ...
続きを読む
《地球化》を実感する
今週に入り、アメリカの景気後退がいよいよ現実のものとなり、為替相場を中心に、大きな問題になっている。 昨年8月のサブプライム危機は、主に欧州の金融機関を中心にした国際金融システムのシステミック・リスクに関わるもので、その最悪の事態は避けられたものの、実体経済への余波は今年に入ってじわじわと浸透してい...
続きを読む
Tim Russertの功績
アメリカの報道番組の顔である『Meet The Press』のホストであるTim Russert(ティム・ラッセル:以下ティム)が心臓発作で亡くなってから一ヶ月が過ぎた。 番組自体は、現在、トム・ブロコー(以下、ブロコー)が暫定的な司会者として続いている。ティムの時と比べると、よくいえば非常にジェン...
続きを読む
Comcast と network neutrality
F.C.C. Chief Would Bar Comcast From Imposing Web Restrictions 【July 12, 2008: NYT】 インターネットの上での伝送をその内容や種別によって規制しない、ネットワーク中立性(network neutrality)について、FC...
続きを読む
システム改変の発想
日常チェックしているポドキャストの番組?の中で、National War Powers Commissionによる、アメリカ政府における戦争権限についてのレポートのことが取り上げられていた。 ちょっと気になったので、調べてみたら、当のCommissionのCo-chairを務めた、ジェイムズ・ベーカ...
続きを読む
Internet as political tools
オバマが予備選で勝利した最大の理由の一つとして、インターネットの利用が挙げられる。 今週のNYTの記事は、その内容をうまく整理している。 シカゴのcommunity organizerとして政治家のキャリアを開始したオバマの、「本当の変革はボトムアップから始まる」という思想と、SNS的なコミュニティ...
続きを読む