CONCEPT

FERMATは、コミュニケーションという社会の基底を与える領域の変化の徴候に照準しながら、未来のビジョンを描くことで、新たな何か=“X”、の誕生を促します。

Microsoft-Yahoo!のサーチ提携は、新たな反トラスト法ロジックの構築に火をつけるのか?
数年越しの協議を経て、MicrosoftとYahoo!の業務提携が発表された。 Microsoft-Yahoo: A Rival for Google? 【BusinessWeek: July 29, 2009】 もっとも発表された傍から、反トラスト法関連当局である、司法省反トラスト局やFTC(連邦...
続きを読む
ワシントン政治を劇場化したPoliticoが開くオンラインジャーナリズムの未来
2008年の大統領選キャンペーンを通じて、その速報性から知名度を上げたオンラインニュースサイトのPolitico。Washington Postの編集者らが退職して起業したという経緯もあいまって、今後のアメリカ・ジャーナリズムの行く末を占う上で、注目を集めている。そのPoliticoを、Michae...
続きを読む
Googleによるテレビ広告配信方法の模索
昨日のエントリーの翌日にこういう記事を目にすると、なんだかんだいって、従来のディスプレイ型アドは、しばらくは盤石なのかもしれない、とも思ったりする。 Google, Ally to Target TV Spots 【Wall Street Journal: July 28, 2009】 Google...
続きを読む
Ben & Barry: メディアビジネスのカテゴリーキラーが挑むコンテントベンチャー
NBC-Entertainmentのco-chairmanを2007年から務めていた「異端のテレビマン」Ben SilvermanがNBCを辞め、新たなメディア・コンテント・ベンチャーを始める。この新会社には、こちらもまた「異端のテレビマン」であったBarry Dillerが率いるインターネット・コ...
続きを読む
「米中の戦略的対話」の意義
米中戦略経済対話が始まった。 その中で、クリントン国務長官(Secretary of State)とガイトナー財務長官(Secretary of Treasury)による連名のOpinionがWall Street Journalに掲載された。 A New Strategic and Economi...
続きを読む
ヘッジファンド規制: Anglo-America vs Europe
ドイツとフランスが先導しEUで導入が検討されているヘッジファンド規制制定の動きに対して、イギリスとアメリカが協働してロビー活動を行い、EUから譲歩を引き出そうとしているようだ。 U.S. Enters Europe's Fund Debate 【Wall Street Journal: July 2...
続きを読む
ヘルスケア改革という天王山
オバマ政権最大の懸案事項であるヘルスケア改革。これは、歴代の大統領が導入を試みては失敗してきた政策。アメリカで、政策の導入に失敗したという場合、それは、主に連邦議会での立法化に失敗したことを意味する。そして、オバマ政権でも、一歩間違うと、連邦議会議員たちによってヘルスケア改革が阻まれそうな状勢になっ...
続きを読む
DARPAはクリーンエネルギーでも技術革新のアジェンダセッターになれるのか?
アメリカのペンタゴン(国防総省:Department of Defense)に所属し、インターネットの開発で重要な役割を果たしたDARPA (the Defense Advanced Research Projects Agency)が、クリーンエネルギーの時代に、再び技術開発、技術革新を先導するこ...
続きを読む
「リバタリアンこそ、ポストモダンの今日、優秀なマーケターになる」 - Chris Andersonからの発想
連日、Chris Andersonに関するエントリーとなってしまうが、NYTでChris Andersonが新著“FREE”についてインタビューを受けている。 QUESTIONS FOR CHRIS ANDERSON 【New York Times Magazine: July 19, 2009】 ...
続きを読む
Chris Anderson の“FREE”: Music Biz実践編
Chris Andersonの新著“FREE: The Future of A Radical Price”で紹介された(“FREE” 13章)、中国の音楽ビジネスのような動きが、アメリカとイギリスでも起こり始めたことを伝える記事。 Artists Find Backers as Labels Wa...
続きを読む
アメリカのベンチャー投資: 調整を経て再飛躍を
(このエントリーで引用しているNVCAの数字については、エントリーの最後にある「追記」の部分で注釈を加えているので参照いただきたく)。 * アメリカのベンチャー投資が90年代初期のレベルにまで縮小したことを伝える記事。 Venture Investment Shrinks to Pre-Bubble...
続きを読む
「高速ブロードバンドをお手頃価格で」 FCC新委員長インタビュー
6月にようやくFCC委員長に就任したJulius Genachowski氏が就任後初めて公式にインタビューを受けた。それを伝える記事。 As Media Grow, FCC Looks Ahead 【Washington Post: July 20, 2009】 New FCC Chairman's...
続きを読む
「テレビも広告も電話もTwitterもいらない!?」 15歳イギリス人高校生のモルガンスタンレー・レポートの反響
先週、ロンドンのモルガンスタンレーが発行したメディア・レポートが、メディア企業のトップや投資家の間で話題を呼んでいる。 Intern in the News: Matthew Robson 【Financial Times: July 17, 2009】 Note by 'teenage scrib...
続きを読む
テレビ・ジャーナリズムの父、Walter Cronkite 死去
1950年代、アメリカのテレビ・ジャーナリズムの黎明期に、CBSの“CBS Evening News”のアンカーマンを務めたWalter Cronkite氏が亡くなった。享年92歳。 各紙とも速報(にもかかわらずかなり大部)として、追悼記事を掲載している。 Walter Cronkite, Voic...
続きを読む
Chrome OS開発の呼び水になったnetbookというPCカテゴリー
Chrome OSの開発によって、全面的にGoogleの支持を得られるようになったnetbook。この端末は、しかし、台湾のAsustekによって開発された。 netbookがどうしてアメリカでは開発されなかったのか、その理由を、Microsoft-Intel-Dellによる、北米のラップトップ市場...
続きを読む
焦点は既に「Sotomayor後」の候補者要件に。
今週のアメリカの政治関係の報道は、Sotomayoer氏が最高裁判事として適任か否かを判断するために開催されている、連邦議会上院のJudiciary Committeeの公聴会のことにほぼ終始していた。 今のところ、大きな問題もなく進んでおり、8月上旬には本会議での投票に移る模様。 Senate L...
続きを読む
広告不況が加速させるアメリカメディアビジネスの構造転換
元をたどればサブプライムローンの破綻から生じた金融危機、その金融危機が引き起こした信用危機、その信用危機によって資金繰りに失敗した自動車産業、さらには、景気後退による消費購買力の低下によって売上減に悩む小売業界、・・・。 この結果、アメリカのメディアビジネスはどうやら抜本的な構造転換に向かわざるを得...
続きを読む
「情報がニュースに転じる時」:ミーム概念によるニュースサイクル生成メカニズムの研究
Cornell Univ. のコンピュータサイエンスのグループが、インターネット上で生じる「ニュース・サイクル」のメカニズムについて研究した成果が公表された。 Study Measures the Chatter of the News Cycle 【New York Times: July 12,...
続きを読む
McGraw-Hill、BusinessWeekを売却へ?
大手出版社のMcGraw-Hillが傘下のBusinessWeekを売却する方向で、メディア業界専門投資銀行であるEvercoreと検討に入ったという。 BusinessWeek Is Said to Be on the Block 【New York Times: July 13, 2009】 M...
続きを読む
Sun Valley Conference: メディア・タイクーンたちの避暑会合
先週、Idahoの避暑地であるSun Valleyに、メディア企業やネット企業のエグゼクティブが集まった。Allen & Companyという、NYにあるメディア産業に特化した投資銀行が毎年開催する、invitation-onlyの、私的な会合である、Sun Valley Media & Techn...
続きを読む
Eric Schmidt: Silicon Valley 開発思想の本流継承者
Chrome OSの開発発表によって、俄然、Microsoftとのガチバトルが取り沙汰されるようになったGoogle。 その陣頭指揮を執るErich Schmidtについて簡潔だが的を得た紹介をFTがしている。 Man in the News: Eric Schmidt 【Financial Tim...
続きを読む
名和晃平@HERMES' Le Forum
銀座のHERMES(エルメス)8階のギャラリー(“Le Forum”)で開催されている名和晃平展を見てきた。 L_B_S: Kohei Nawa (Le Forumでの紹介はここ) * 正確には、薦められて見に行ったのだが、予想を越えて、興味深い展示だった。 展覧会は9月23日まで開催されているので...
続きを読む
California vs Texas
今週のThe Economistが「アメリカの未来」と称して、カリフォルニア州とテキサス州を紹介している。 America's future 【The Economist: July 9, 2009】 20世紀のアメリカでは、西部が重要な役割を果たしてきた。西部の経済成長はアメリカ全体の成長を底上げ...
続きを読む
伝家の宝刀はまだ抜くわけにはいかない。
といっても、ホワイトハウスのヘルスケア政策に関するコミュニケーション展開についての話。 * イタリアでのG8サミットにオバマ大統領が出席しているタイミングで、副大統領のバイデンが、ヘルスケア改革に関するホワイトハウスの見解を公表した。 Biden Rolls Out Deal With Hospit...
続きを読む
ヘルスケア改革に群がるロビイストたち
アメリカのヘルスケア改革がいかに利害関係が錯綜したものであるか如実に語る記事。 Familiar Players in Health Bill Lobbying 【Washington Post: July 6, 2009】 利害関係団体が、総勢350人のロビイストを雇い、自分たちにとって有利な法律...
続きを読む
Cass Sunstein 承認過程-近況
Cass SunsteinのRegulatory Czar(ホワイトハウス内で各種政策の規制内容に関して評価を行う中心人物)就任については、前のエントリーで、上院での承認作業が佳境にあると伝えたのだが、あにはからんや!、承認作業はまだ終わっていなかったようで(前のエントリーからほぼ二ヶ月が経過してい...
続きを読む
《ジャクソン以後》の世界: マスカルチャーなき世界
マイケル・ジャクソン(MJ)が他界してから10日ほどが過ぎた。 さすがは、King of Popといわれた人物だけのことはあって、この間、連日、MJについて何ごとも報道されない日はなかった。夥しい数の言説でネットは溢れている。 報道内容は多岐にわたる。 当日のMJの様子をドキュメンタリーのように伝え...
続きを読む
司法省とGoogle Book Search-続報
Google Book Searchに対する司法省の動きの続報。 U.S. Inquiry Is Confirmed Into Google Books Deal 【New York Times: July 2, 2009】 Justice Probes Antitrust Issues In Go...
続きを読む
Salinger、JDCを負かす。
先日触れたサリンジャーの訴訟の続報。 まずは、サリンジャーの勝訴となった。 Judge Rules for J.D. Salinger in ‘Catcher’ Copyright Suit 【New York Times: July 1, 2009】 もっとも、被告のJDC側は上告手続きに入る模様...
続きを読む
新FCC委員長と「消失したフロンティア」
昨日のエントリーは少し舌足らずなところがあったかもしれないと思っていたら、それを補うのにちょうどいい記事がBusinessWeekでアップされていた。 A New Signal from the FCC 【BusinessWeek: July 2, 2009】 先日上院の承認を通過してはれてFCC ...
続きを読む
アメリカのデジタルは空気のようで淡々と。
最高裁がSotomayor氏の判決を覆した日には、他にもいくつかの審議結果が報告された。同時に、最高裁に上告された控訴審判決のうち、最高裁での審理に値しないものも発表された。 そのうちの一つが、ネットワークDVRをめぐるもの。 High Court Boosts Remote DVR 【Wall S...
続きを読む
Al Franken ようやくセネターへ
昨年の一般選挙投票日から数えておよそ8ヶ月かかって、ようやくAl Frankenがミネソタ州のセネターとして選出された。 GOP's Coleman concedes, sending Franken to Senate 【Washington Post: June 30, 2009】 After ...
続きを読む