CONCEPT

FERMATは、コミュニケーションという社会の基底を与える領域の変化の徴候に照準しながら、未来のビジョンを描くことで、新たな何か=“X”、の誕生を促します。

Microsoft-Yahoo!のサーチ提携は、新たな反トラスト法ロジックの構築に火をつけるのか?
数年越しの協議を経て、MicrosoftとYahoo!の業務提携が発表された。 Microsoft-Yahoo: A Rival for G...
続きを読む
ワシントン政治を劇場化したPoliticoが開くオンラインジャーナリズムの未来
2008年の大統領選キャンペーンを通じて、その速報性から知名度を上げたオンラインニュースサイトのPolitico。Washington Po...
続きを読む
Googleによるテレビ広告配信方法の模索
昨日のエントリーの翌日にこういう記事を目にすると、なんだかんだいって、従来のディスプレイ型アドは、しばらくは盤石なのかもしれない、とも思った...
続きを読む
Ben & Barry: メディアビジネスのカテゴリーキラーが挑むコンテントベンチャー
NBC-Entertainmentのco-chairmanを2007年から務めていた「異端のテレビマン」Ben SilvermanがNBCを...
続きを読む
「米中の戦略的対話」の意義
米中戦略経済対話が始まった。 その中で、クリントン国務長官(Secretary of State)とガイトナー財務長官(Secretary ...
続きを読む
ヘッジファンド規制: Anglo-America vs Europe
ドイツとフランスが先導しEUで導入が検討されているヘッジファンド規制制定の動きに対して、イギリスとアメリカが協働してロビー活動を行い、EUか...
続きを読む
ヘルスケア改革という天王山
オバマ政権最大の懸案事項であるヘルスケア改革。これは、歴代の大統領が導入を試みては失敗してきた政策。アメリカで、政策の導入に失敗したという場...
続きを読む
DARPAはクリーンエネルギーでも技術革新のアジェンダセッターになれるのか?
アメリカのペンタゴン(国防総省:Department of Defense)に所属し、インターネットの開発で重要な役割を果たしたDARPA ...
続きを読む
「リバタリアンこそ、ポストモダンの今日、優秀なマーケターになる」 - Chris Andersonからの発想
連日、Chris Andersonに関するエントリーとなってしまうが、NYTでChris Andersonが新著“FREE”についてインタビ...
続きを読む
Chris Anderson の“FREE”: Music Biz実践編
Chris Andersonの新著“FREE: The Future of A Radical Price”で紹介された(“FREE” 13...
続きを読む
アメリカのベンチャー投資: 調整を経て再飛躍を
(このエントリーで引用しているNVCAの数字については、エントリーの最後にある「追記」の部分で注釈を加えているので参照いただきたく)。 * ...
続きを読む
「高速ブロードバンドをお手頃価格で」 FCC新委員長インタビュー
6月にようやくFCC委員長に就任したJulius Genachowski氏が就任後初めて公式にインタビューを受けた。それを伝える記事。 As...
続きを読む
「テレビも広告も電話もTwitterもいらない!?」 15歳イギリス人高校生のモルガンスタンレー・レポートの反響
先週、ロンドンのモルガンスタンレーが発行したメディア・レポートが、メディア企業のトップや投資家の間で話題を呼んでいる。 Intern in ...
続きを読む
テレビ・ジャーナリズムの父、Walter Cronkite 死去
1950年代、アメリカのテレビ・ジャーナリズムの黎明期に、CBSの“CBS Evening News”のアンカーマンを務めたWalter C...
続きを読む
Chrome OS開発の呼び水になったnetbookというPCカテゴリー
Chrome OSの開発によって、全面的にGoogleの支持を得られるようになったnetbook。この端末は、しかし、台湾のAsustekに...
続きを読む
焦点は既に「Sotomayor後」の候補者要件に。
今週のアメリカの政治関係の報道は、Sotomayoer氏が最高裁判事として適任か否かを判断するために開催されている、連邦議会上院のJudic...
続きを読む
広告不況が加速させるアメリカメディアビジネスの構造転換
元をたどればサブプライムローンの破綻から生じた金融危機、その金融危機が引き起こした信用危機、その信用危機によって資金繰りに失敗した自動車産業...
続きを読む
「情報がニュースに転じる時」:ミーム概念によるニュースサイクル生成メカニズムの研究
Cornell Univ. のコンピュータサイエンスのグループが、インターネット上で生じる「ニュース・サイクル」のメカニズムについて研究した...
続きを読む
McGraw-Hill、BusinessWeekを売却へ?
大手出版社のMcGraw-Hillが傘下のBusinessWeekを売却する方向で、メディア業界専門投資銀行であるEvercoreと検討に入...
続きを読む
Sun Valley Conference: メディア・タイクーンたちの避暑会合
先週、Idahoの避暑地であるSun Valleyに、メディア企業やネット企業のエグゼクティブが集まった。Allen & Companyとい...
続きを読む
Eric Schmidt: Silicon Valley 開発思想の本流継承者
Chrome OSの開発発表によって、俄然、Microsoftとのガチバトルが取り沙汰されるようになったGoogle。 その陣頭指揮を執るE...
続きを読む
名和晃平@HERMES' Le Forum
銀座のHERMES(エルメス)8階のギャラリー(“Le Forum”)で開催されている名和晃平展を見てきた。 L_B_S: Kohei Na...
続きを読む
California vs Texas
今週のThe Economistが「アメリカの未来」と称して、カリフォルニア州とテキサス州を紹介している。 America's future...
続きを読む
伝家の宝刀はまだ抜くわけにはいかない。
といっても、ホワイトハウスのヘルスケア政策に関するコミュニケーション展開についての話。 * イタリアでのG8サミットにオバマ大統領が出席して...
続きを読む
ヘルスケア改革に群がるロビイストたち
アメリカのヘルスケア改革がいかに利害関係が錯綜したものであるか如実に語る記事。 Familiar Players in Health Bil...
続きを読む
Cass Sunstein 承認過程-近況
Cass SunsteinのRegulatory Czar(ホワイトハウス内で各種政策の規制内容に関して評価を行う中心人物)就任については、...
続きを読む
《ジャクソン以後》の世界: マスカルチャーなき世界
マイケル・ジャクソン(MJ)が他界してから10日ほどが過ぎた。 さすがは、King of Popといわれた人物だけのことはあって、この間、連...
続きを読む
司法省とGoogle Book Search-続報
Google Book Searchに対する司法省の動きの続報。 U.S. Inquiry Is Confirmed Into Google...
続きを読む
Salinger、JDCを負かす。
先日触れたサリンジャーの訴訟の続報。 まずは、サリンジャーの勝訴となった。 Judge Rules for J.D. Salinger in...
続きを読む
新FCC委員長と「消失したフロンティア」
昨日のエントリーは少し舌足らずなところがあったかもしれないと思っていたら、それを補うのにちょうどいい記事がBusinessWeekでアップさ...
続きを読む
アメリカのデジタルは空気のようで淡々と。
最高裁がSotomayor氏の判決を覆した日には、他にもいくつかの審議結果が報告された。同時に、最高裁に上告された控訴審判決のうち、最高裁で...
続きを読む
Al Franken ようやくセネターへ
昨年の一般選挙投票日から数えておよそ8ヶ月かかって、ようやくAl Frankenがミネソタ州のセネターとして選出された。 GOP's Col...
続きを読む