CONCEPT

FERMATは、コミュニケーションという社会の基底を与える領域の変化の徴候に照準しながら、未来のビジョンを描くことで、新たな何か=“X”、の誕生を促します。

アメリカのジャーナリズムは連邦政府の監督下に置かれてしまうのか?
先のエントリーで、News Corp.のJames MurdochがOfcomを批判したことに触れたが、そのことで、タイトルのような動きがアメリカで起こっていることを思い出した。 FTC(Federal Trade Commission:連邦取引委員会)が、newspaper businessの現状...
続きを読む
James Murdoch、Darwinismを引きながらBBCを民業圧迫と非難
英・米・豪と英語圏を股にかけたMedia Empire(メディア帝国)であるNews Corp.を率いるRupert Murdoch。その息子で、高齢の父が亡くなった後は、帝国の継承者の有力候補の一人と目されている、James Murdoch(以下JM)。 JMはNews Corpのうち、欧州とアジ...
続きを読む
SkypeのOBたちはSilicon Valley の起業文化を欧州にもたらすのか?
現在、欧州で活躍しているVenture Capitalの関係者には、eBayにSkypeを売却して得られたマネーをシードマネーとした、SkypeのOBが多いことを伝える記事。彼らは、欧州にシリコンバレーの起業文化をもたらそうと活発に活動している。 All European Roads Lead Ba...
続きを読む
FCCルールは裁判によって覆され得る: ケーブル会社Comcastのシェア上限規制の場合
タイトルの通り、FCCが定めたルールであっても裁判を通じて否定されることがある、という事例の紹介。 アメリカ最大のケーブル会社であるComcastとFCCの間で争われていた「シェアの上限をケーブル市場契約者数の30%と定めたFCCのルールは無効であるかどうか」という裁判だが、DC地区の控訴裁判所(控...
続きを読む
China Unicom、中国でのiPhoneの年内発売を正式に公表
iPhoneの中国での発売が正式に公表された。 Unicom to Bring iPhone to China 【New York Times: August 28, 2009】 * AP速報 China Unicom Strikes iPhone Deal 【Wall Street Journal...
続きを読む
Twitterの普及ルートから考える「普及の理論」の今日的適用可能性
Twitterの利用は、従来の「普及の理論」と異なり、若年層からではなく、いきなり大人からが始まったことに対して驚きを示しているNYTの記事。 Who’s Driving Twitter’s Popularity? Not Teenagers 【New York Times: August 26, ...
続きを読む
北欧の流儀でAppleに挑むNokia
単なる携帯電話メーカーから脱却し、次世代情報端末市場での地位を確保しようと巻き返しを図っているNokia。その一環として参入を表明したnetbookについては、OSとしてLinuxを採用すると発表した。 Nokia to Roll Out Phone Based on Linux Software ...
続きを読む
iPhone 中国へ: Smartphoneの進化加速器としてのChina Market
i-Phoneがようやく中国でも販売されそうだと伝えるWSJの記事。 Apple, Facing Competition, Readies iPhone for Launch in Giant China Market 【Wall Street Journal: August 27, 2009】 チ...
続きを読む
WPPのSir Martin Sorrell、世界の広告産業の見通しを語る
世界最大の(広告会社ではなく)マーケティング会社の一つとされるWPPが示した、世界の広告市場の見通し。景気後退の認識は抜けきらず、それゆえ、世界中で高額の広告キャンペーンにはまだお金が流れていくようには見えないという。 WPP Takes Wary Stance 【Wall Street Journ...
続きを読む
「神の目」を断念し「ヒトの認知限界」に準じたnews aggregatorを目指す、Slateの試み
ブログやSNSの登場の後、news aggregatorが雨後の筍のように乱立し、その中からHuffington PostやReal Clear Politics、Newserというサイトがプレゼンスを得るに至っている。こうしたサイトは、テクニカルにはmash-upも利用しながらサイトを構成していく...
続きを読む
テッド・ケネディ上院議員、死去
デモクラットの重鎮で、オバマ大統領の最大の支援者の一人であり、JFKの実弟である Edward M. Kennedy 上院議員が亡くなった。享年77歳。 Edward Kennedy, Senate Stalwart, Dies 【New York Times: August 26, 2009】 M...
続きを読む
Nokiaが携帯電話メーカーをやめる日: Nordic ModelとOpen Innovation
Nokiaがnetbook市場に参入すると発表。 Nokia Jumps Into Market for Netbooks 【Wall Street Journal: August 25, 2009】 Nokia Plans to Start Making Netbooks 【New York Ti...
続きを読む
Bernanke、Fed Chairman続投へ
Ben Bernanke氏がオバマ大統領によって、Fed Chairmanに再指名されることが内定した。アメリカの各紙が伝えている。 Obama to Reappoint Bernanke as Fed Chief 【Wall Street Journal: August 25, 2009】 Oba...
続きを読む
Yahoo! Finance、ユーザビリティ、ウェブ有料化
GoogleやMicrosoftに比べて、ITビジネスという技術開発力が勝負の世界では、あたかも負け組のように語られてしまっているアメリカのYahoo!だが、個別のジャンル毎に見ると、必ずしもそんなことはないという話。 Where Yahoo Leaves Google in the Dust 【N...
続きを読む
FCC、本格稼働へ: ブロードバンドとワイヤレスから着手
FCCがようやく本格稼働を始めたようだ。 まずは、懸案の「ブロードバンドの全米配備」については、まず、目指すべき「ブロードバンドが何か」、について検討をすることからスタートする。 Regulators Seek to Define 'Broadband' 【Wall Street Journal: ...
続きを読む
ヘルスケア改革のパーマネント・キャンペーン化と“Whole Foods Boycott”
Whole Foods Market(WFM) が、アメリカのヘルスケア改革の議論の中で、突然、注目を集めている。同社のCEOであるJohn MackeyがWall Street Journalに寄稿したヘルスケア改革に関するOp-Edがきっかけで不買運動(boycott)が起こっているからだ。 W...
続きを読む
SECのスポーツ観戦ルールはFirst Amendmentに違反するのか?
先日のエントリーで触れた、SECのSNS締め出しの動きについて、もう少し広い観点からNYTが報告している。 Leagues See Bloggers in the Bleachers as a Threat 【New York Times: August 20, 2009】 NYTのレポートによれ...
続きを読む
CBS、雑誌の中にCMを埋め込む。
CBSがEntertaiment Weeklyの広告面に小さなスクリーンを埋め込んでCMを再生させるという。 CBS Ad Puts Video Inside a Magazine 【Wall Street Journal: August 20, 2009】 話題先行の記事で、仕組みがどうなっている...
続きを読む
「通信政策はいらない、データ政策だけあればいい」 Google Voiceが開けたパンドラの箱
Google Voiceを巡る一連の動きに対して、AT&Tの利害だけが保護されようとしていると論じ、インターネットの時代、ブロードバンドの時代、モバイルの時代、・・・、の現代において必要なのは、グラハム・ベルの頃から続く“National Communications Policy(全米通信政策)”...
続きを読む
Googleとの直接対決に備えSocial Aggregatorを目指すFacebook
FacebookがFriendFeedを獲得した理由について次の分析が参考になる。 Facebook Cornering Market on E-Friends 【Washington Post: August 16, 2009】 巷では、Twitterに出遅れたreal-time searchの拡...
続きを読む
「自前の良質コンテントのあるサイトに広告をだすのが得策です」
このように主張する、OPA(Online Publishers Association)の調査結果について。 Web Sites Debate Best Values for Advertising Dollars 【Wall Street Journal: August 13, 2009】 OPA...
続きを読む
Twitter、大学スポーツリーグから閉め出される
先日のエントリーで「解放」などと書いたけれど、南部の現実は厳しい。 For SEC, tech-savvy fans might be biggest threats to media exclusivity 【TampaBay.com: August 16, 2009】 記事中にあるように、SEC...
続きを読む
「だまし絵」から“graffiti”へ: Escher, Patrick Hughes, Banksy
渋谷東急文化村の『だまし絵展』に行く。 出かけてみたら、最終日だからか、 子供連れであるにもかかわらず、行列ができるほどの大盛況。 それもあって、あまりゆっくり見て回るという雰囲気ではなく、 おもだった絵を一瞥しては次を見る、という感じで回っていった。 ほどなく巨匠の部屋へ。 といっても、要するに、...
続きを読む
Google Book Searchによるアメリカ出版業界集中化の懸念
Google Book Searchに関する公的議論の現状について、FTがまとめている。 Books: A plan to scan 【Financial Times: August 12, 2009】 前のエントリーでも触れたが、状況として説明されているのは、 ●GoogleとAuthors/Pu...
続きを読む
MS-Wordに特許侵害の判決: 特許、法務、テロ的一撃
MS-Wordで自社の特許が侵害されたと訴えていたI4i社が、連邦地裁(テキサス州東部地区)でMicrosoftに勝訴した。 U.S. Court Bars Microsoft Word Sales 【New York Times: August 12, 2009】 * REUTERSが情報を提供 ...
続きを読む
Real-Time Webへの投資熱に見る、起業を通じたITサービス開発スキーム
Twitterは、microbloggingを実現しただけでなく、あわせてそのreal-time searchを実現したことが革新的だったと評価される。そして、このreal-time searchについては、それを核にしたreal-time webが、Web 2.0に続く、ベンチャー投資におけるbu...
続きを読む
第三のリベラリズムとしてのリバタリアン・パターナリズム?
昨日のエントリーで、Cass Sunsteinのいうlibertarian paternalismに関連して、現在、オバマの立ち位置の再定義が求められているということを書いた。 その一つの例として、オバマのスタッフがクリントン時代の高官で占められていることを大きな理由に、オバマにクリントン時代の政策...
続きを読む
リバタリアン・パターナリズムと東浩紀の懸念
東浩紀が週刊朝日の彼のコラムで、最近邦訳がでた、Cass Sunsteinの“Nudge(邦題:『実践行動経済学』)”に触れている。 『批評するココロ』 第14回  週刊朝日 2009年8月14日号 46頁 Libertarian paternalismでいわれることを形式だけとりだせば、選択設計(...
続きを読む
"Run! Forest! ... RUUUUN !!!" (*Twitter×NFLの補足)
昨日のTwitterとNFLのエントリーについての補足。 トム・ハンクスがアカデミー主演男優賞を受賞した“Forest Gump”の、若いときのForestが、昨日のエントリーで書いた状況のバックグランドとなる情報やイメージを与えてくれることとにふと気づいた。 Forestは知的に若干の障害があった...
続きを読む
Sotomayor、最高裁判事に承認される
アメリカ連邦議会上院における、Sonia Sotomayor氏の最高裁判事としての承認作業だが、最終的に、68対39(欠席1)の投票結果で承認された。 Sotomayor Confirmed by Senate, 68-31 【New York Times: August 7, 2009】 Soto...
続きを読む
Twitterを得たNFL選手が手に入れた「解放=自由」
Twitterの登場によって、NFLのプレシーズンのキャンプの様子の伝えられ方が様変わりしていることを伝える記事。とはいえ、スポーツ選手とファンの交流機会が広がった、という一言で済ますには、アメリカのスポーツビジネスの現状は牧歌的ではないことも同時に伝えている。 With Twitter's Arr...
続きを読む
MediaCloud、HarvardのNews Cycle研究サイト
ネットの上でニュースサイクルがどのように形成されるかについて、最近、アメリカではよく研究されている。以前のエントリーで紹介したのはCornell Universityのものだったが、今回はHarvard Universityのもの。 Hot Story to Has-Been: Tracking N...
続きを読む
Veronis Suhler、アメリカのコミュニケーション産業規模予測を公表
自らもコミュニケーション産業に投資しているVeronis Suhlerがアメリカのコミュニケーション産業について見通しを公表した。 A Look Ahead at the Money in the Communications Industry 【New York Times: August 4, ...
続きを読む
時代錯誤のAntitrust Policy
先に記したように、Eric SchmidtがAppleのBoardから退いた。 Google CEO Resigns From Apple Board 【Washington Post: August 3, 2009】 このApple-Googleの話よりも、多分、先日のMicrosoft-Yaho...
続きを読む
Eric Schmidt、AppleのDirectorから退く
Eric SchmidtがAppleのBoardのDirectorから退くことに。 Google Chief Resigns as Apple Director 【New York Times: August 3, 2009】 Google's Schmidt Leaves Apple Board ...
続きを読む
Culture Snob New Yorkers の出版文化の憂鬱
広告不況により新聞や雑誌の事業としての先行きが不透明になったり、 Kindleのようなデジタル書籍機械が実際に市場に登場したり、 Google Book Searchで図書のアーカイブのあり方が大きく変わろうとしたり、・・・。 ここのところ、プリントメディアが、デジタルやネットの変化の力に押され気味...
続きを読む
Washington Post Company、利益を出すも・・・。
Washington Post Companyが第二四半期の業績を発表。 The Washington Post Co. Swings to a Profit 【New York Times: July 29, 2009】 Washington Post Swings to Profit 【Wall...
続きを読む
Popularityを求めるBernankeのFed
ここのところ、Fed(FRB: Federal Reserve Board) ChairmanであるBen Bernankeのメディア露出の機会が増えている。先週は、PBSの歴史ある報道番組であるNewsHourという1時間番組に登場し、収録場所であるカンザスの市民から、Fedの動きについて質疑応答...
続きを読む
Smartphoneの未来を株式市場から占う
Appleのi-Phoneや、RIM(Research In Motion)のBlackBerryが、この景気後退の中でも比較的順調に業績を伸ばし、Smartphone市場の成長に寄与しているのに対して、世界の携帯市場のシェアトップを占めるNokiaが出遅れ気味になっているという。 Nokia: O...
続きを読む