CONCEPT

FERMATは、コミュニケーションという社会の基底を与える領域の変化の徴候に照準しながら、未来のビジョンを描くことで、新たな何か=“X”、の誕生を促します。

EUはOpen Sourceでアメリカに対抗する: Oracle-Sunの合併審査を巡って
OracleによるSunの買収についてEU競争委員会(EUの独禁法当局)が難色を示しているのだが、そこにはOpen Sourceが絡んでいるという。 Open Source as a Model for Business Is Elusive 【New York Times: November 30...
続きを読む
Arduino: Open Source流で全ての家電をデザイン家電にする試み?
Linuxに典型的に見られるOpen Source 的発想で、コンピュータ基盤を開発しているイタリアのArduinoを紹介するWSJの記事。 Taking an Open-Source Approach to Hardware 【Wall Street Journal: November 27, 2...
続きを読む
WebへのOld Media Modelの移植は、反トラスト法違反を引き起こすのか?
アメリカのメディアコングロマリットは、ここのところ、既存のビジネスをいかに傷つけずにウェブの世界に進出するか腐心しているのだが、そのいくつかの試みには、反トラスト法違反の可能性がつきまとうようだ。 まず、先日伝えた、Google外しを行いBingとの独占検索権?のディールを結ぼうとしているMurdo...
続きを読む
Facebook、IPOへの秒読み開始か?: Class-B株とユーザー志向のWeb 2.0企業文化
FacebookがIPOへの準備をし始めたのではないか、と報じられている。 というのも、現在の株主の所有株をClass-B株に変更する手続きと取ったため。 Facebook Will Form 2 Classes of Stock 【New York Times: November 24, 2009...
続きを読む
Murdoch、Bingと組む?: News Corp.とMicrosoftによるインターネットの再区画整理
前々からネットの中では噂されていたことだけど、Googleのindexingを外す(de-indexing)予定の、Murdoch率いるNews Corp.系のニュースサイトが、かわりに、MicrosoftのサーチエンジンであるBingによってindexingを受け入れる(re-indexing)方...
続きを読む
ユニクロのR&D、Fast Fashion、次のFast X
ユニクロ60周年セールというメールが届いた。60周年というのはいくらなんでも長いように思ったので、ユニクロのサイトにアクセスしてみた。思った通り、60周年というのは、ファーストリテーリングの前進からのカウント。今私たちがユニクロと聞いてイメージするような店舗は、おおよそこの10年で築かれたもの。 つ...
続きを読む
IDEOのDesign Thinking: デザイナーが建築家の場所にせり出す
デザインファームであるIDEOの方法論をWIRED.UKが紹介している。 Reinventing British manners the Post-It way 【WIRED.UK: November 3, 2009】 IDEOの方法論、正確にはIDEOのCEOであるTim Brownが提唱している...
続きを読む
Tinkererの再来、“Hackerspace”の誕生: もの作りをhackする新世代innovators
Tinkererというのは、日本語にするのは難しいのだけど、アマチュア発明家、とか、何でも職人、のようなニュアンス。典型的なイメージは、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で、クリストファー・ロイドが演じた、白髪の発明家ドク。自宅のガレージや農場の納屋に、自分専用の工房を築き、そこに機材を集め、なにや...
続きを読む
Freeにも対価は必要だ: Nicholas Carrに見る、東海岸的なビジネス・ロジック
“The Big Switch(『クラウド化する世界』)”の著者であるNicholas Carrによるエッセイ。自らの体験をフックにしながら、Internetによるテレビの変質について思考を巡らす。 The Price of Free 【New York Times: November 15, 20...
続きを読む
ウェブの世界ではテレビも新聞も関係なくただニュースサイトがあるだけだ
なんだそんなの当たり前じゃないか、と思われるかもしれないが、現実はそんなに簡単ではなく、やはり出自の歴史や文化をひきずるもの。ニュースサイトもそうで、従来は、新聞系のサイトは新聞的に、テレビニュースのサイトはテレビ的に、構成されてきた。 それがどうやら変わってきたようだと伝えるのが次の記事。 Onl...
続きを読む
Google Book Settlementが世界にもたらす波紋
昨日のエントリーで紹介したように、Google Book Settlementの修正案が公表された。この話題が興味深いのは、民間の裁判和解案が、アメリカ連邦政府のみならず、世界中から関心を集めてしまったこと。 そのあたりは、次のFTの記事が簡潔に扱っている。 Authors win Google b...
続きを読む
Googleら Book Settlementの新修正案を公表
Google Book Settlementの新修正案が公表された。 Google, Authors, Publishers Offer Revised Book Pact 【Wall Street Journal: November 14, 2009】 Terms of Digital Book ...
続きを読む
Amazon流のユーザー志向の経営方針で成功を目指すHulu
HuluのCEOであるJason Kilarの紹介を通じて、Huluの成功要因と将来性について触れた記事。 Can Hulu Save Traditional TV? 【Fast Company: December 1, 2009】 Huluは、NBC Universal (NBCの親会社)とNew...
続きを読む
iPhoneやAndroidに“Bada”で挑むSamsung
韓国のSamsungが、Smartphone市場でiPhoneやAndroid-phoneに対抗すべく、オリジナルのオープンプラットフォームである“Bada”を発表。 Samsung to Develop Its Own Smart-Phone Software 【Wall Street Journ...
続きを読む
MurdochのGoogle外しからFreemiumを再考する
昨日のエントリーで取り上げたMurdochの動きについて、“Freemium”の観点から検討したFast Companyの記事。 Can "Freemium" Work? Babbel and WSJ Say No and One of Them Is Wrong 【Fast Company: No...
続きを読む
Googleを閉め出すMurdoch: アナログの成功体験がかえって呪縛に
Rupert MurdochがNews Corp傘下のニュースサイトについては、Googleによるindexingを拒否すると発言。 News Corp. Considers a Google Ban 【Wall Street Journal: November 9, 2009】 Video: Mu...
続きを読む
『パターン、Wiki、XP』と「協働=お互い様」のマーケティング
人に薦められて、週末に江渡浩一郎の単行本『パターン、Wiki、XP』を読んだ。 20代のネット系の人たちでそれなりに関心を集めているということで。 本自体はこの夏に出版されているが、江渡は数年間この問題意識で研究活動を続けていたようで、手っ取り早く概要を知りたい人は、以下のタイトルでググるとPDF版...
続きを読む
Verizon Wireless、Droidを発表: ガジェットの時代、再びか。
VerizonがAndroid 2.0を採用したsmartphoneであるDroidを発売。Droidはモトローラ製。 With the Droid, Verizon answers iPhone's call 【Washington Post: November 8, 2009】 A Place ...
続きを読む
Eric Schmidtインタビュー:「Silicon ValleyではCurrencyの維持が大事」
最初に断っておくと、Currencyといっても通貨のことではない。 Google CEOのEric Schmidtに対するショートインタビュー。 Google's Schmidt on What Sets Silicon Valley Apart 【Wall Street Journal: Nove...
続きを読む
データベース型民主主義のもう一つの形?: Election Dayという仕掛けに見るアメリカの選挙=集合的意思決定の機械性
オバマが大統領に選出されてから一年経った2009年のelection dayは、Virginia、New JerseyでともにGOPのGovernor(州知事)が選出された。もっぱらGOPが党勢を取り戻したというトーンで伝えられている。 A Year After Dousing, Republica...
続きを読む
Claude Levi-Strauss死去。再読の時代に百歳の大往生。
もちろん、人類学は門外漢なので、レヴィ・ストロースの業績に沿って追悼するような資格はないのだが、しかし、この人が亡くなったことで、20世紀がまた過去のものになったことを痛感する。 French Anthropologist Claude Levi-Strauss Dies at 100 【New Y...
続きを読む
ComcastによるNBC-Universal買収、間近に: GEの思惑こそ重要か
前々から噂のあったComcastによるNBC-Universal(NBCU)の買収がほぼ確定的になったようだ。 Comcast Said to Be Close to Gaining NBC Universal 【New York Times: November 1, 2009】 Comcast, ...
続きを読む
Kindle到着前に感じた「顧客満足」コミュニケーションの難しさ
といっても、Kindleについてではなく、配送を担ったUPSとのやりとりで感じたこと。宅配がUPSで、思わずアメリカの宅配便のサービス水準を思い出させられて苦笑してしまったこと。 * 先日注文したKindleが金曜の日中に届いたようなのだが、受け取りができず、再配達を依頼しようと思ったら、そもそも土...
続きを読む