CONCEPT

FERMATは、コミュニケーションという社会の基底を与える領域の変化の徴候に照準しながら、未来のビジョンを描くことで、新たな何か=“X”、の誕生を促します。

Google Book SettlementでLessigが本当に憂えていること
Lawrene LessigがGoogle Book Settlementに対する考察をThe New Republicに寄稿している。 F...
続きを読む
サリンジャー、91歳で死去。
サリンジャーが亡くなった。享年91歳。 J. D. Salinger, Literary Recluse, Dies at 91 【New ...
続きを読む
2010年代にアメリカの「思想」を体現するものたち: iPad, SOTU(一般教書演説), Bernanke
2010年1月27日は、アメリカにとってメモリアルな一日だった。 First State of the Union speech by Pr...
続きを読む
メディアの消費形態=ビジネスモデルを変貌させるContent ViewerとしてのTablet
AppleのTabletの公表を目前に控えて、Tabletの登場がメディアビジネスに与える余波についてNYTが伝えている。 With App...
続きを読む
アメリカ中間選挙に向けた動きが本格化: David Plouffe、デモクラットの選挙戦略参謀に。
先日のマサチューセッツの上院補選でのまさかの敗退を受けて、デモクラットが11月の中間選挙に向けて動き始めた。 2009 Democratic...
続きを読む
HillaryのInternet Freedomスピーチの余波、Cloudへの序章
昨日のエントリーで紹介したHillary Clinton国務長官による“Internet Freedom”スピーチに対して、中国側が反応して...
続きを読む
Freedom to Connectを掲げることで「一つのウェブ」は“Global Networked Commons”として堅持されるのか。
先週生じたGoogleの中国撤退問題を受けて、Hillary Clinton国務長官が、「インターネットの自由」に関するスピーチを行った(国...
続きを読む
New York Times、2011年1月からウェブ有料化へ: 迫られる「マス性」の再定義
有料化といっても、完全にPay Wallを設けるのではなく、Financial Times方式を導入するようだ。 The Times to ...
続きを読む
Webを活用した“Underdog Strategy”で上院選挙に逆転勝利したScott Brown
先ほど伝えたように、デモクラットの牙城であるマサチューセッツ州の上院議員特別選挙で勝利を収めたScott Brown氏だが、随所でウェブを使...
続きを読む
GOP候補がTed Kennedyの空席を埋める。オバマ政権への影響は必至。
Ted Kennedyの死去によって空席になっていたマサチューセッツ州選出上院議員だが、特別選挙の結果、GOP候補のScott Brown氏...
続きを読む
Apple vs. Google = Elegance vs. Algorithms
年初のNexus Oneの発表で、Appleと競合姿勢が明らかになってきたGoogle。そのAppleとGoogleの「競り具合」についてま...
続きを読む
「芥川賞該当作なし」とウェブ時代の「文学の困難」: 平野啓一郎・前田塁の模索、西尾維新の諧謔
ちょうど前田塁の『紙の本が亡びるとき?』を読んでいたり、あるいは、平野啓一郎と東浩紀の対談を読んでいたときでもあって、今回の「芥川賞該当作な...
続きを読む
本当に「夢の都」になるHollywood
景気後退の影響もあって、地理的な意味でHollywoodの映画製作水準が著しく低下していると伝える記事。 Fewer Films on Lo...
続きを読む
Googleと諸国政府の関わりから浮上する「一つのウェブ」の時代の終わり
Googleが中国市場での活動方針を見直す発表を行った。その結果、Googleが中国市場から撤退する可能性や、そのことの余波について、様々な...
続きを読む
GoogleがJill HazelbakerをCommunications Chiefに。
GoogleがCommunications Chiefに、Jill Hazelbakerを起用することを決定した。 Google Hires...
続きを読む
フェルマの「最後の一息」
1月12日は(このサイトがちなんだ)Pierre de Fermat(ピエール・ド・フェルマ)の命日であることを伝えるWIREDの記事。 J...
続きを読む
セカイカメラとアジア都市的想像力から考える、80年代的「都市と情報と文芸」の混淆的想像力への再訪
「Tabletで始まる」と言ったのだから喜ぶべきなのかもしれないが、実際、年が明けてからTabletが話題の中心をさらっている。Appleに...
続きを読む
一般意志2.0はなぜ「夢想」から始まるのか。
随分前に知ってはいたのだが、東浩紀が文化放送の大竹まことの番組に出演したポドキャストを、ようやく聞いた。 大竹まこと ゴールデンラジオ! (...
続きを読む
Google、Nexus Oneを公表: Open Source流でBay Area的想像力「第二世代」の礎となるか。
Googleが自社デザインのAndroid phoneであるNexus Oneを発表した。 以下で、直接の競合であるiPhoneやBrack...
続きを読む
Tabletで始まるディケイド: PC/Webに関するBay Area的想像力の臨界への到達・突破の予感
前々から噂されていたAppleのTablet Computerだが、どうやら今月末には公表、3月には発売、というスケジュールのようだ。 Ap...
続きを読む