CONCEPT

FERMATは、コミュニケーションという社会の基底を与える領域の変化の徴候に照準しながら、未来のビジョンを描くことで、新たな何か=“X”、の誕生を促します。

Democratized Innovation: 産業/工業/製造業の未来像
2月26日深夜に放送された『朝まで生テレビ(朝生)』は、若手起業家を招いて、日本経済の未来を考えるというものだった。 この『朝生』は、堀江貴文、東浩紀、の両氏が出演するから、ということで見始めた。番組中盤から異様な存在感を示した猪子寿之氏(チームラボ社長)によって、IT系の話に焦点が集まり、イノベー...
続きを読む
いまさらですがTwitter始めました。
IDは fermat1665 。 こちらもよろしくお願いします。 iPadのお披露目と、オバマのthe State of the Union(一般教書演説)の日にスタートできたのは、よかったです。 カラダは一つなので、こちらのブログとどう使い分けていくか、あるいは、書き分けていくか、についてはしばら...
続きを読む
シリコンバレーはWall Streetではない。アメリカは一つではない。
シリコンバレーの老舗VCであるKleiner Perkins Caufield & Byersの元パートナーであったTom Perkinsが、シリコンバレーを擁護する論考をWSJに寄せている。 Silicon Valley Is Not Wall Street 【Wall Street Journa...
続きを読む
“Being INNOVATIVE”とは何か?: Fast Companyによる「世界で最もイノベイティブな会社たち」
Fast Companyがイノベイティブな会社50選をランキングで発表している。 The World's Most Innovative Companies 100 (このエントリーの最後に50社のリストを再掲してある。) 50社のリストを見ると、トップ5こそ、日頃よく耳にするIT系の企業になるが、...
続きを読む
Google, energy marketerへ: Civilの水平展開でGoogle流のリアルワールドへの浸透始まる。
Googleが、The Federal Energy Regulatory Commission(連邦エネルギー規制委員会)の承認を受け、正式に、energy marketerとなった。 Google Cleared on Power Bid 【Wall Street Journal: Februa...
続きを読む
Googleと知の宇宙
Google Bookに対する訴訟の妥結には、まだまだ時間がかかりそうだ。 Google Book Settlement Hearing Could Be a Marathon 【Wall Street Journal: February 17, 2010】 電子出版の未来に大きな影響を及ぼすと考え...
続きを読む
Windows Phone 7 はPC産業の変容を演出するのか。
Microsoftが遅ればせながら陣容を整え直した上でSmartphone市場に参入する。 Microsoft Targets Phones 【Wall Street Journal: February 13, 2010】 Microsoft Starts Over in Phone Softwar...
続きを読む
CivilからSocialへ: 集合知によるSocial Engineering時代を開くGoogle Buzz
GoogleがGoogle BuzzでSocial Network Serviceに参入した。 Generating Buzz 【Economist: February 11, 2010】 上のEconomistの記事が上手くまとめているように、基本的にはFacebookやTwitterの対抗として...
続きを読む
Googlized America: アメリカの風景を更新するGoogle
Googleが光ファイバベースのブロードバンドサービスを提供する計画を公表した。 Google Jolts Telecom Rivals 【Wall Street Journal: February 10, 2010】 Google to Offer Fast Broadband as Trial...
続きを読む
Space Shuttle 最終便、天空へ
フロリダのケープカナベラル基地からEndeavorが打ち上げられた。スペースシャトルとしては最後の打ち上げだ。 Shuttle Blasts Off for Space Station 【New York Times: February 8, 2010】 For Human Spaceflight,...
続きを読む
忘れ去られたMicrosoft?
Smartphoneやe-bookが話題の中心になり、AppleやAmazon、Googleらの帰趨が取り沙汰されているときに、すっかり蚊帳の外に置かれてしまった感のあるMicrosoft。その影の薄さについて、元MicrosoftのエンジニアであったDick Brass氏が分析した寄稿。 Micr...
続きを読む
Zittrain, 「インターネットの自由」からiPadにかみつく。
ジョナサン・ジットレイン(Jonathan Zittrain)がiPadについて「自由」という観点から論評している。 A fight over freedom at Apple’s core 【Financial Times: February 3, 2010】 ジットレインは『インターネットが消え...
続きを読む
Appleは十年経っても変わらず瑞々しい !?
Fast CompanyがAppleについて、ちょっと悪戯心に富んだ記事を用意している。 Quiz: Are These Comments About the 2001 iPod or 2010 iPad? 【Fast Company: February 2, 2010】 10年前のiPod発表時に...
続きを読む
Googleの四つの重点研究領域
Googleが大学の基礎研究に対して570万ドルの研究資金を提供すると発表。 Google Extends Outside Research Financing to New Fields 【New York Times: February 1, 2010】 重点領域は四つ: ● Machine L...
続きを読む
コンサルと大学と出版の融合
ビジネススクールがコンサル・ファームや広告会社の代わりに、ブランディングなどの企業の課題に応える役割を果たすようになってきた、と伝えるWSJの記事。 The Campus Consultant 【Wall Street Journal:January 21, 2010】 主に「コスト」と「客観性の担...
続きを読む
Web-centric時代の企業組織モデルとして浮上するトータル・サッカー
最近よく話題になるソーシャルゲーム会社ZyngaのCEOであるMark Pincusが、自身のマネジメント手法について、NYTのインタビューを受けている。 Are You a C.E.O. of Something? 【New York Times: January 30, 2010】 タイトルにあ...
続きを読む