FERMAT communications visionary

December 16, 2008

op-ed / commentary


author
junichi ikeda

print


  tweet


Google、ネット中立性で方向転換?それともWSJの勇み足?

December 16, 2008

op-ed / commentary


author
junichi ikeda

Googleがかねてから主張してきた「network neutality」確保の方針から離脱し、YouTubeなど関連するサイトへのアクセスやダウンロードを高速にするよう求める契約をISPにもちかけている、とWSJが報道。

発端となったWSJの記事
Google Wants Its Own Fast Track on the Web
【December 15, 2008: WSJ】

この記事の中では、Googleのことだけでなく、オバマのインターネット政策の変質も示唆され、傍証として、インターネットに関する法律の権威であるローレンス・レッシグの方向転換が言及されている。

ちなみに、この記事を最初に読んだとき、結構マジメに驚いたので、いくつか関連しそうなところをググってみたのだが、どうやらWSJの勇み足である可能性が高くなっているようだ。

グーグルは直後に自社のpubic policyブログですかさず反論。
Net neutrality and the benefits of caching

どうやら、WSJの記者がEdge Cashingの意味をよく理解していなかったため、最初の記事のような報道になってしまったようで、このこと自体は、WSJの記事でも取り上げられている:
What’s Edge Caching?

かように、このネタは「ブログ圏(blogosphere)」をかけぬけてしまったようで、その反応ぶりはWSJのブログがまとめている。
Discussing Net Neutrality

ここでもとりあげられているが、傍証となる発言や態度として言及されたレッシグは、次のように応答:
The made-up dramas of the Wall Street Journal

また、Network Neutralityについては、レッシグ以上に提唱者としてよく名前が挙がるティム・ウーは次のように反応。
Google Wall Street Journal - They haven’t got the goods

ティム・ウーらしいエントリーで、WSJがこのようなストーリー、つまり、善の象徴だったグーグルがダークサイドに引き込まれてしまう、という物語、を語りたくなってしまう「物語の欲望」について軽く言及して、一蹴。

レッシグのブログのコメントの中には、こうした「扇動的な」イエロージャーナリズム的要素に注目して、WSJではなく、Fox Street Journalと呼ぶべきというものもあった。これは、昨年、Wall Street Journalの親会社であるDow JonesがマードックのNews Corpに買収されたことを指している。News CorpのテレビブランドであるFoxはFox News Channelという報道専門チャンネルを立ち上げていて、トークラジオのような扇情的な報道で一定の支持を得ている。そのFoxの報道トーンが、WSJにも波及したことを指摘したいのだろう。実際、WSJの記事にはしばしばFox Newsのビデオクリップが添えられている。

なお、発端となったWSJの記事には、今のところ訂正は入っていない。

blog categories

all categories...

magazine / web
articles

more...

books

more...

information

FERMATは、コミュニケーションという社会の基底を与える領域の変化の徴候に照準しながら、未来のビジョンを描くことで、新たな何か=“X”、の誕生を促します。

more...