FERMAT communications visionary

December 09, 2009

op-ed / commentary


author
junichi ikeda

print


  tweet


Googleの“living stories” project: News SiteのWebらしい接触形態の提案

December 09, 2009

op-ed / commentary


author
junichi ikeda

Googleが“living story”という、トピック別のニュースアグリゲーションサービスの試みを公開した。いまのところ、New York TimesとWashington Postの二紙がこの実験に参加している。

Google Unveils News-by-Topic Service
【New York Times: December 8, 2009】

Google, Washington Post and N.Y. Times create news tool
【Washington Post: December 8, 2009】

Google Shows Off New News Service
【Wall Street Journal: December 8, 2009】

*

現物を見た方が多分イメージはつかみやすい。具体的なイメージはGoogleのlivinng stgoriesのサイトで見られる。

ざっと見た感じでは、ニュースのアグリゲーションのあり方を、二つの点から最適化させた結果のインターフェースであるように思う。

二つの点というのは:

●Googleのサーチアルゴリズムへの最適化
●ユーザーのWeb上の情報アクセス方法の最適化

あるニュースサイトの、特定のトピックに関する記事(たとえば、NYTのGlobal Warming 関連の記事)を一つのURLの下に集約させる。また、そのサイトではページをいちいち開くことなく、そのサイト内でリンクづけられた記事がそのまま見られる。

記事全体の流れがタイムラインで整理されることで、記事群が「一つのストーリー」として立ち上がる。しかも、新たな記事がアップされることで、そのストーリーは“living story(生きたストーリー)”となる。

そうして、あるニュースサイトの一部をユーザーの利用しやすいように切り出した形のページが作られていくことになる。

*

感覚的には、ブログとWikipediaのインターフェースの感じに、ニュースサイトの記事を再編集したもののように思える。

そうして、ニュースサイトの記事がバラバラの、アトム(原子)のように扱われることで、ニュースサイトのまとまりが寸断されていくことを防ぎ、改めて、ウェブ上のニュースサイトに「コンテキスト」を残そうとする試み、ということなのだと思う。

これは、今だったら、Tiger Woodsの事故の伝えられ方で明らかになったニュース消費の現在的な形への対応であるように見える。

つまり、Tiger Woodsの事故については、Twitterによる情報連鎖が圧倒的に早く、多くの人が、事故の概要やその含意についてTwitterを通じてあらかた理解してしまった。おおよそ数十分で多くの人が理解したところで、事件発生後45分後くらいに、ようやくテレビニュースなどでBreaking Newsと称して事故があった、という速報が伝えられた。

こうした事実から、速報性はもはやTwitterなどのウェブテクノロジーに、旧来のジャーナリズム機関はかなわない、という指摘が、ここのところ、アメリカではされていた。

そうした議論の中では、速報性ではもはや太刀打ちできないのであれば、記事のアーカイブとして、社会の出来事の流れを与え、理解や分析の視座・コンテキストを与えるのが、ジャーナリズムの役割だ、という指摘がなされていた。

だから、今回の、Google living storiesプロジェクトは、こうした要請に応えたもののように思える。

ただ、当の報道関係者からすると、Google living storiesで行っていることは、結局のところGoogle Newsと変わらない。つまり、新聞社の方で考えたeditorship(編集方針)を裁断し、機械的なアルゴリムに沿ってユーザーの利用に供するだけだ、という、皮肉な見方は消えていないようで、上のNYTやWashington Postの記事でも、自社がこのプロジェクトに関わっているにもかかわらず、冷ややかな見方で、記事全体がまとめられている。

ということで、報道機関による全面的採用というのにはまだ時間がかかりそうだ。その意味では、ユーザーからのフィードバックでこのサイトがどう変わっていくか、ということが大事な要素になりそうだ。少なくとも、ユーザーからの支持票を相当集めないことには、次のステップに進まないように思える。

Google living storiesプロジェクト自体は、先週、Eric SchmidtがWSJに寄稿したOpinionで、GoogleはNewspaperのパートナーだ、と主張したことの一つの具体的現れでもある。

How Google Can Help Newspapers
【Wall Street Journal: December 3, 2009】

従来からある紙の新聞の編集方針、あるいは、読書体験に基づいて作られた新聞のイメージが、そのままウェブにスライド的に採用されたままの状態にあるのを、できるだけウェブ上の情報接触形態に即して、ユーザーの利用上の利便性を高める形で、ニュースサイトのインターフェースを提案してみた。これが、今回のliving storiesのポイントのように思える。

だから、Googleの提案がそのまま採用されるかどうかは別にしても、新聞紙面、紙のレイアウトから離れた、ウェブ上の情報接触の仕方の提案、という点については、まず評価しておいていいように思う。

そして、この新しい情報接触の仕方の提案、というのは、Smartphoneの興隆によって、ウェブとモバイルの境界が消失しつつあるアメリカでは、今後大きな意味を持っていくように思える。というのも、利用するデバイス(PCやSmartphone)に応じて最適な情報の見せ方があるはずなので、そのための調整という意味で、インターフェースの問題は必ず浮上するはずだから。

こうした点から、今回のGoogleの提案を受け止めておきたいと思う。

blog categories

all categories...

magazine / web
articles

more...

books

more...

information

FERMATは、コミュニケーションという社会の基底を与える領域の変化の徴候に照準しながら、未来のビジョンを描くことで、新たな何か=“X”、の誕生を促します。

more...