FERMAT communications visionary

January 25, 2010

op-ed / commentary


author
junichi ikeda

print


  tweet


アメリカ中間選挙に向けた動きが本格化: David Plouffe、デモクラットの選挙戦略参謀に。

January 25, 2010

op-ed / commentary


author
junichi ikeda

先日のマサチューセッツの上院補選でのまさかの敗退を受けて、デモクラットが11月の中間選挙に向けて動き始めた。

2009 Democratic agenda severely weakened by Republicans' united opposition
【Washington Post: January 24, 2010】

Obama Moves to Centralize Control Over Party Strategy
【New York Times: January 23, 2010】

具体的には、大統領選キャンペーン中のObama陣営の中心人物の一人であったDavid Plouffeが、11月の中間選挙対策の陣頭指揮を執ることになった。

Former Obama campaign manager to be White House adviser
【Washington Post: January 24, 2010】

以下は、PlouffがWashington PostにOp-Edとして寄稿したデモクラットの処方箋。

November doesn't need to be a nightmare for Democrats
【Washington Post: January 24, 2010】

早期にヘルスケア改革法案を通過させ有権者を安心させる、など、選挙対策の視点からの助言が挙げられている。

*

大統領制をしくアメリカでは、議院内閣制の日本と違って、大統領と連邦議会議員は別々の選挙で直接選ばれる。そのため、大統領と連邦議会の多数派が、異なる政党になる「ねじれ」は生じうる。

そして、大統領一期目の最初の中間選挙では、しばしばこうした「ねじれ」をもたらすような選挙結果が起こってきた。

「ねじれ」の状態では、ホワイトハウスは常に連邦議会との妥協を強いられることになる。その結果、思い切った政策は打ち出ににくくなる。政策は、法案として通過しないと実行するのは難しいから。もちろん、既存の法体系の範囲で、大統領令によって進めることもできるが、思い切ったことをするには限界が生じる。

また、Obama大統領の場合は、2012年の二期目を目指す大統領選も控えているわけで、そのためにも11月の中間選挙は、現状通り、デモクラットが多数派を占める連邦議会をなんとしても維持し、政策実現に弾みをつけておきたいところ。

David Plouffeの抜擢も、こうした先々のことを考えてのことでもある。

*

ところで、これは、以前のエントリーでも触れたことだが、アメリカの場合、選挙日程は予め決められている。このことは、有権者の選挙への関わり方のベースラインを決めている。そして、日程が決まっているからこそ、選挙キャンペーンは計画的に、「戦略」として、実行される。

その結果、アメリカでは、選挙キャンペーンは、新商品のキャンペーン同様、産業化している。

その選挙キャンペーン産業を支えるのが政治献金なのだが、その政治献金については、従来は「金額」に制限をつけてきた。

ところが、先日、アメリカの最高裁は、政治献金について「上限を設けるのは、アメリカ憲法で保障された『表現の自由』を損ねるものだ」という判決を出した。

Justices, 5-4, Reject Corporate Spending Limit
【New York Times: January 21, 2010】

今回、Obamaが11月に向けた対策を急いでいるのには、この最高裁の判決も影響を与えている。政治献金の上限が撤廃されれば、相対的に資金に余裕のある大企業を中心に献金額が増える。そして、そうした大企業の政治的影響が増える。

伝統的には、デモクラットよりもGOPの方が企業との関係が深いため、今回の判決は、選挙資金面でGOP優位に働く可能性が高い。この点が、Obamaをはじめとするデモクラットの有力者(Nancy Peloci下院議長やHarry Reid上院議員など)が選挙戦略の策定に焦り始めている理由の一つ。

有権者の支持を取り付けるために、Obamaの大統領府の政策のトーンも「中道」を意識した方向にシフトせざるを得ない。

*

中間選挙は、大統領選ほど華々しいものではない。また、全米で分散して行われるので、大統領選ほど一様なイメージで報道されることもない。とはいえ、下院議員は全員、上院議員は三分の一、そして、各州の知事(Governor)についても選挙が行われる。つまり、一大行事であることは間違いない。

ということで、今後は、折に触れて、中間選挙に向けた取り組みについても気にかけていこうと思う。

今回のScott Brownの勝利のように、もはやウェブを活用した「有権者の動員」は当たり前になっている。そして、アメリカの場合、選挙の現場は、新しいコミュニケーションツールの利用方法が考案される場の一つでもある。この点にも注目してきたい。

blog categories

all categories...

magazine / web
articles

more...

books

more...

information

FERMATは、コミュニケーションという社会の基底を与える領域の変化の徴候に照準しながら、未来のビジョンを描くことで、新たな何か=“X”、の誕生を促します。

more...