FERMAT communications visionary

February 02, 2010

op-ed / commentary


author
junichi ikeda

print


  tweet


Googleの四つの重点研究領域

February 02, 2010

op-ed / commentary


author
junichi ikeda

Googleが大学の基礎研究に対して570万ドルの研究資金を提供すると発表。

Google Extends Outside Research Financing to New Fields
【New York Times: February 1, 2010】

重点領域は四つ:

● Machine Learning
機械、ボットの学習能力の開発。

● Use of mobile phones as data collection devices for public health and environment monitoring
公衆衛生や環境のモニタリングのための、モバイルを利用したデータ収集方法。

● Energy efficiency in computing
コンピューターにおけるエネルギー利用の向上。

● Privacy
プライバシー、個人情報に関わる研究。

この四領域が、Googleが今後開発に携わる重点領域と考えておいていいだろう。

機械学習能力の向上は、“Don't Be Evil”をGoogleが掲げる以上、常について回るテーマ。人を介さずに予めプログラムされた手順で文字どおり、機械的に行われるからこそEvilを排すことができる。「人間外し」のGoogleには不可欠な要素。

モバイルによるデータ収集の対象は、広い意味で環境保護につながるもの。人間に対してカタストロフが起こらないようにする。

後ろの二つは、基本的にはCloud Computingの実施に必要なもの。

エネルギー効率の向上は、データセンターにおける使用電力を減らすための手法。代替エネルギーに参入するGoogleからすれば、自らのデータセンターのエネルギー効率を上げることが、同時に、代替エネルギーの推進役としてリスペクトされることにもつながる。

プライバシーはいわずもがな。

資金を提供する先は、Googleの二人の創立者の母校であるStanfordやUM(ミシガン大学)を筆頭に、CMU(カーネギーメロン)、プリンストン、等、の研究開発型の大学。

いずれにしても、重点研究領域を中心に据えてGoogleの将来を考えてみるのはいい思考実験になるだろう。

簡単に言えば、Computer Scienceの基礎研究を先導するのがGoogleだということ。

少なくとも、メディアコンテント財の販売/配信プラットフォームを目指すAppleとは大きく異なることがわかる。

想定するゴールはかなり隔たりがあるにも関わらず、直近のサービスは似たような分野で競合する、というのも、なかなか示唆に富むことだと思う。

blog categories

all categories...

magazine / web
articles

more...

books

more...

information

FERMATは、コミュニケーションという社会の基底を与える領域の変化の徴候に照準しながら、未来のビジョンを描くことで、新たな何か=“X”、の誕生を促します。

more...