FERMAT communications visionary

May 04, 2010

op-ed / commentary


author
junichi ikeda

print


メディア産業株は景気の先行指標であり続けるのか?

May 04, 2010

op-ed / commentary


author
junichi ikeda

アメリカでは広告不況が底を打ち、メディア産業関連株の評価が戻ってきていると伝えるWSJの記事。

Sprightly Old Media Are Still Elderly
【Wall Street Journal: May 3, 2010】

基本的には伝統的なマスメディア関連企業(Discovery やCBS)の取引株価の評価が、インターネット関連企業(GoogleやYahoo!)の株よりも高めの評価を受けている、と伝えている。

基本的には、「足下の企業の業績(利益やEBITDAのようなキャッシュフロー的指標など)」と「取引株価」との間の「比」をとり、その比が大きいほど期待は高い、という見方をしている。

そうした比で見ると、伝統的マスメディア企業の評価の方がインターネット企業の評価よりも高くなるため、記事中では「BIの時代」に戻ったと触れている。BIとはBefore the Internetの略(どうやらBCに模したようだ)。

もっとも比の取り方は企業毎に扱いを微妙に変えているので、詳しくはWSJの記事で確認してください。

ただ、同じ指標できっちり言わないところは、時間のせきたての中で報道を続ける投資関連ではよくあること。むしろ、この書き手は、伝統的マスメディアkぎょうの業績は短期的には回復基調にあるから、伝統的マスメディア企業の株はBuyだと言外に伝えたいのかもしれない。

ただし、業績が回復というのは、正確には最悪の事態を抜けた、ということにとどまる。その点は記事中でもきちんと留保が付けられている。

つまり、今回の株価の上昇は、あくまでも最近まであった過剰なsellモードからの回復が行われているに過ぎない、という見方のようで、引き続き、長期で見た場合、インターネット企業という直接の競合や、ウェブの利用頻度が上がった消費者の行動の集合的変化によって、メディア産業のビジネス慣行や収益ルールは変わるだろう、と捉えているようだ。

メディア産業セクターでは多くの企業が広告費で収益を上げており、広告費の増減は個別の企業の業績に依存する。したがって、従来は、メディアセクター企業の業績の復調は、広告費収入の回復を意味し、それはまた、総体としての企業業績≒景気の回復を示唆すると捉えられていた。つまり、広告費は景気の先行指標として取らえられてきた、ということだ。

上のWSJの記事も、短期的にはこの視点に立脚していると思われる。だから、次に気になるのは、実際に、一定の回復を見た後、従来のマスメディア企業とインターネット企業との間でどのような対立/協働モードが見られるようになるのか、ということだと思う。


*

それにしても、この記事を書いている人の感覚で言うと、アメリカの経済は回復基調にあると捉えているようで、それが本当ならば、アメリカの経済運営の経験値の高さには感心してしまう。

2000年代初頭のITバブルが弾けてからの回復も見た目には2003年からの回復基調にあって、その余波で2004年夏にはGoogleが上場を果たしていた。

(もちろん、その回復基調のベースには、今から見ればサブプライムの罠が仕込まれていたわけだが、それは後付の知恵でしかないので、今は脇に措いておく。)

同様の回復を行えるのかどうか、にも関心をよせたい。もちろん、メディア産業株が景気の先行指標となり続けるのか、という問題意識とともに。

blog categories

all categories...

magazine / web
articles

more...

books

more...

information

FERMATは、コミュニケーションという社会の基底を与える領域の変化の徴候に照準しながら、未来のビジョンを描くことで、新たな何か=“X”、の誕生を促します。

more...