FERMAT communications visionary

June 28, 2010

op-ed / commentary


author
junichi ikeda

print


NYU, Venture Capital を組成し起業促進へ

June 28, 2010

op-ed / commentary


author
junichi ikeda

New York University(NYU)が学内に2000万ドルのVenture Capital fundを立ち上げ、R&Dからの起業を促す。

NYU Plans Tech Fund
【Wall Street Journal: June 28, 2010】

NYUはまず200万ドルを用意し、残りの1800万ドルはこれから出資者を募るようだ。ITやバイオの分野のスタータップに対して10万ドルから100万ドルの規模で出資を行う予定だという。

大学がVCを組成する動きは他所でも出ており、上の記事ではthe University of Wisconsin,やPurdue University などが紹介されている。前者は州立大学、後者は私立大学なので、公立・私立の分け隔てなく始まっていると思ってよい。

話の流れとしては、先日New York CityとColumbia University とともに参加したNYC Media Lab に対して、NYUが具体的に貢献するための手段として今回のVCが出てきたようだ。NYC Media Lab は、大学の研究機関とメディア企業やテクノロジー企業との間の協働を目指している。

NYはテクノロジーの街としては今ひとつな印象があったのだが、Web 2.0以後の、ソフトウェアが中心になった状況ではむしろNYの人的密度が上手く機能するようになってきており、たとえば、最近ではfoursquareの起業が見られたりするようになっている。NYC Media Lab はこうした動きを加速させようとするもののようだ。もちろん、New York Cityが関わっているところから、起業→成長、という流れで、NYCでの雇用を増大させようとする意図はある。

お金の回し方にしても、起業支援のあり方にしても、NY的な感じがする。NYUだけでなくNYC Media Lab も含めて今後の動きに注目したい。

blog categories

all categories...

magazine / web
articles

more...

books

more...

information

FERMATは、コミュニケーションという社会の基底を与える領域の変化の徴候に照準しながら、未来のビジョンを描くことで、新たな何か=“X”、の誕生を促します。

more...