FERMAT communications visionary

December 16, 2010

op-ed / commentary


author
junichi ikeda

print


  tweet


Zuckerberg、2010年のPerson of the Yearに

December 16, 2010

op-ed / commentary


author
junichi ikeda

Facebookの創業者でCEOであるMark Zuckerbergが2010年のTIME誌のPerson of the Yearに選ばれた。つまりは、2010年の社会を最も代表する人物として若干26歳の”ザック”が選ばれたことになる。

Person of the Year 2010
【TIME: December 15, 2010】

Person of the Yearは1927年からずっとTIMEが毎年一人ずつ選んできたもので、歴史に名を残した政府関係者や企業人、文化人等が選ばれてきた。かつてはFranklin D. Roosevelt、近いところでは、George W. Bush、Barack Obamaも選ばれている。

ちなみに第一回は、「翼よ、あれがパリの灯だ」で有名な、大西洋横断飛行を敢行したCharles Lindbergh(リンドバーグ)。

コンピュータ関連では、99年にAmazonのJeff Bezosが受賞している。時々、TIMEはトリッキーな選択もして、2006年には”YOU”。YouTubeが登場し、ユーザー参加型のメディアが大々的に誕生したことを言祝ぐ特集だった。表紙にモニターを模した図像に、銀紙がスクリーンのように貼られていて、テカテカ光ったものであったのを覚えている。

その時からCGMには期待が寄せられていた。それが今回のZuckerbergの選択につながったといえるだろう。

blog categories

all categories...

magazine / web
articles

more...

books

more...

information

FERMATは、コミュニケーションという社会の基底を与える領域の変化の徴候に照準しながら、未来のビジョンを描くことで、新たな何か=“X”、の誕生を促します。

more...