FERMAT communications visionary

July 03, 2011

op-ed / commentary


author
junichi ikeda

print


Google、Hulu獲得に乗り出す?

July 03, 2011

op-ed / commentary


author
junichi ikeda

売りに出されるHuluの獲得に名乗りを挙げる会社として、予想通り、Googleの名も聞かれるようになった。

Google may be poised to bid for Hulu
【Los Angels Times: July 2, 2011】

Google, Among Others, Considering Bid for Hulu
【Wall Street Journal: July 1, 2011】

Googleにとってのメリットは、幾つかのテレビ映像の配信権の獲得と、YouTube用に配備中のブロードバンド網の活用方法の獲得、というところにあるようだ。

前者の配信権獲得についてはYahoo!等、他の(ポータル系)サイトの関心を集めるところだが、むしろ、後者のブロードバンド網の使途の確保というところがGoogleにとっての意思決定には大きな影響を及ぼすように思える。インフラの保有は多大なリスクを伴うからだ。もっとも、Googleがどの程度本当にインフラの部分に関わっているのかにもよる。また、インフラといっても光ファイバのような導線に関心があるのか、それともYouTube等の動画配信のための効率的なサーバー配備を目指しているのかにもよる。

ともあれ、このコンテントの獲得とインフラの配備の調整・協調を見ていると、十数年前に同じことを行っていた衛星放送のことを思い出す。衛星の場合も最終的にはインフラ側の、衛星保有企業が全体の方向性を決めた。

同様の事態が起こると想定すれば、インフラと端末(Android Phone/Tablet)に関与しているGoogleの「本気度」はとても高いことになるが、さてどうなるのか。

blog categories

all categories...

magazine / web
articles

more...

books

more...

information

FERMATは、コミュニケーションという社会の基底を与える領域の変化の徴候に照準しながら、未来のビジョンを描くことで、新たな何か=“X”、の誕生を促します。

more...