FERMAT communications visionary

July 03, 2011

op-ed / commentary


author
junichi ikeda

print


ソーシャルネットワーク第二幕が始まる

July 03, 2011

op-ed / commentary


author
junichi ikeda

ソーシャル・ゲーム会社であるZyngaがIPOの準備を始めた。

Virtual Farms, Rich Harvest
【Wall Street Journal: July 2, 2011】

Facebook上のアプリの一つとしてゲームを始めた会社が上場に到るまでの成長を遂げたというのは、いろいろと示唆に富む。

プラットフォームとゲームハウスという関係でいえば、プレステとファイナルファンタジーのようなもので、つまり、SCEとスクエア・エニックスのような関係であり、裏返すと、それぐらいの経済的リアリティをソーシャルゲームが持ち始めたと解釈できるからだ。

そのように成功する会社が出始めた一方で、MySpaceのようにマードックグループから放出され、新たに所有主を見つける会社も片方である。

News Corp. Sells Myspace for a Song
【Wall Street Journal: June 30, 2011】

MySpaceが鳴り物入りでNews Corp.に買収された時は、FortuneやForbesのようなビジネス誌がこぞってディールに向かうまでのバックストーリーを特集として掲載していた記憶があるので、ビジネスの世界も動きが早いと思う。

こうしたMySpaceの動きがある傍ら、Googleも新ソーシャルネットワークサービスであるGoogle +の開始を公表している。

Another Try by Google to Take On Facebook
【New York Times: June 28, 2011】

もちろん、こちらは、先日Appleが発表したiCloudの影響も受けてのことだろうが、Googleも改めて本格的にソーシャルネットワークに乗り出す。

ここまで見れば、ソーシャルネットワークについては、新旧交代のタイミングにあるように思える。つまり、FacebookとMySpaceとで始まった第一幕から、Facebook、Apple、Googleらの間の乱戦から始まる第二幕が始まるというところだろうか。

ただし、この乱戦は、もはやウェブの中で中核的な動きとなってきたため、第一幕の時のように自由に競争を行える状況ではない。連邦政府の目も厳しくなっている。たとえば、TwitterにもFTCによる反トラストの疑いがかかり始めている。

Antitrust Regulator Makes Twitter Inquiries
【Wall Street Journal: July 1, 2011】

反トラストの観点からは、Googleも検討対象に挙げられており、Google自体が、そのためのロビイストを雇うにまで至っている。

Google Hires 12 Lobbying Firms Amid FTC Probe
【Wall Street Journal: July 1, 2011】

いうまでもなく、Facebookはこの数年の間ずっとPrivacyの確保という公共政策的課題を抱えている。

以上を見ると、ソーシャルネットワークがウェブの中心的話題となる「第二幕」においては、「ソーシャルネットワーク」についての様々な動きの中で、本当のところ、何が検討されているのか、設計されているのか、そのことに関心を持つ必要性が高まったと言えるだろう。単に、ソーシャルゲームは買いだなどというレベルの話ではないわけだ。

ともあれ、この6月末になって、突然、いろいろと動き出したように思える。第二幕の今後の進行が楽しみだ。

blog categories

all categories...

magazine / web
articles

more...

books

more...

information

FERMATは、コミュニケーションという社会の基底を与える領域の変化の徴候に照準しながら、未来のビジョンを描くことで、新たな何か=“X”、の誕生を促します。

more...