• はてなブックマーク
  • Delicious
  • twitter
  • 印刷
UAラウンジ@NRT

現在、成田のUAラウンジでフライト待ち。2週間ほど、NYに行ってきます。

*****

ここUAのラウンジだと無線LANが使えるので便利。

で、周りを見ると、単にネットをつなぐだけでなく、Skypeとおぼしき、VoIP利用者も散見される。

海外利用できる携帯のレンタル予約をして、成田に到着したのだが、面倒だ。
何で、携帯メールを海外で利用する、となると、値段が日本の10倍(とカウンタのドコモの人が言っていた)もかかるのだろう?

そもそも、やはり、グローバルローミングして欲しい。任意の機種で。

(番号ポータビリティが導入されたら、間違いなく、auに変えるな、きっと。
ということで、やはり、競争は大事だ、ということになる。)

アメリカに長期滞在した人ならわかると思うけど、電力やガスなどの生活インフラ系のセットアップはとても面倒。で、携帯電話のときもそうだった。当時は、結局、一番安かったT-Mobile(ドイツテレコム系)を利用した。

ただ、そのとき、いいなぁ、と思ったのは、欧州から来た人は、そのまま携帯を利用できていたこと。
もちろん、NYは欧州とのやりとりが多いし、TransAtlanticでいろいろ国際的なことも決まってしまうご時勢だから、人の行き来も多いからなのだろうけど。

しかし、日本は世界でも有数の携帯電話大国で、個人への普及も高い国なのだから、自前の機種を普通に使えるようにして欲しいところだ。

横で、パソコンを使って電話している人を見ると、次回はこっちにしようかな、と思ってしまう。
VoIP×無線LAN、でネットベースで電話が使える方が便利だ。
それなら、メールに別途料金なんてかからないからさ。

日本の携帯電話が、全銀システムのように、重たいシステムになって、世界から取り残されないことを希望します。

空港という、どこの国にも属さない場所にいると、そんなことを考えてしまう。

author: junichi ikeda

CONCEPT

FERMATは、コミュニケーションという社会の基底を与える領域の変化の徴候に照準しながら、未来のビジョンを描くことで、新たな何か=“X”、の誕生を促します。