• はてなブックマーク
  • Delicious
  • twitter
  • 印刷
地を這う言葉、天を覆う言葉

(つぶやき系の内容ですが。)

久しぶりに生の、生成しては消えていく英語を聞いていると、相変わらず英語も生きている、と感じる。

メディアを通じたものだけでは、こちらの理解にも自ずから限界がある。

特に、英語の場合、文語と口語、日常と専門、の間の言葉が、重層的に多岐であるので、なかなか扱いが大変だ。

分析哲学者(というか言語哲学者)の、DavidsonがPrinciple of Charityといって、相手が話したことを、できるだけ素直な文脈に即して捉えていこう、といっていたのだが、そうした姿勢の継続的実践が、たとえ自分が学んだことがある言語でも大切だと感じる。(Davidosnの話は、文化人類学者が、未知の言語に遭遇したときどう対処するのか、というところからスタートしているのだけど)。

言葉は、コミュニケーションを見通す上で、前提だけど可変なものであると、改めて感じさせられる。

author: junichi ikeda

CONCEPT

FERMATは、コミュニケーションという社会の基底を与える領域の変化の徴候に照準しながら、未来のビジョンを描くことで、新たな何か=“X”、の誕生を促します。