• はてなブックマーク
  • Delicious
  • twitter
  • 印刷
暦とコンピュータの関係

少し前のことになるが、ユリイカの冲方丁特集号(2010年10月臨時増刊号「総特集*冲方丁」)に『Human Meets the Universe』というタイトルで寄稿した。

その時に、冲方丁の『天地明察』のテーマの一つである改暦の作業は、計算主義的であるという点で今日のウェブと並行的だ、というようなことを書いた。これは直感的に似ている感じがしたので、そう書いたのだが、どうやら両者は本当に関わりがあったようだ。

というのも、次の本をたまたま見つけたから。

『中世の時と暦―ヨーロッパ史のなかの時間と数』
アルノ・ボルスト(著)  八坂書房

これによると、暦算法は中世において「コンプトゥス computus」といい、そのものズバリ、コンピュータと語源を同じにする、ということだ。

これにはちょっと驚いたのだった。
まさか、本当に両者の間に文化史的に関わりがあるとは。

もっとも、計算自体が何を通じて研究されてきたかといえば、その一つは測地術、測量術から始まっているわけだし、天体観測もその延長線上にあるのは想像できないことではない。きちんと測量した数値があったからこそ、天動説ではなく地動説の妥当性が浮上したわけで、そのためには、何らかの計算術が既にあった、と考えるのが妥当だろう。であれば、暦算法が計算を意味するのはそれほど無理ではないことになる。

なんにせよ、一つの発見だった。

author: junichi ikeda

CONCEPT

FERMATは、コミュニケーションという社会の基底を与える領域の変化の徴候に照準しながら、未来のビジョンを描くことで、新たな何か=“X”、の誕生を促します。