• はてなブックマーク
  • Delicious
  • twitter
  • 印刷
インタラクティブ・コンピューティングへの道を開いたダグラス・エンゲルバート

パーソナルコンピュータの始祖の一人であるダグラス・エンゲルバートが死去した。享年88歳。

Computer Visionary Who Invented the Mouse
【New York Times: July 3, 2013】

エンゲルバートのデモのもたらした意義については、『ウェブ×ソーシャル×アメリカ』の第2章で扱ったので、詳しくはそちらを見て欲しいところだが、簡単に言うと、エンゲルバートは、PCが誕生する以前の1968年に有名なコンピュータ・デモンストレーションを行い、そのデモンストレーションを通じて、コンピュータのパーソナル化、インタラクティブ化、そしてコンピュータ・ネットワークを介したコラボレーションの可能性を拓いた。

具体的なところでは、マウスが彼の発案といわれるが、それに限らず、人間がコンピュータを利用することで、人間の知性(intelligence)の領野を拡大し、その結果、人間の捉えるリアリティが増大(augment)されることを予見した。

コンピュータ開発史の中で伝説となった彼のデモンストレーションの場には、設営側には、スチュアート・ブランドが、観客側にはアラン・ケイがいた。

ブランドは、後にWhole Earth Catalogを刊行し、スティーブ・ジョブズへの刺激を始めとして、今日のベイエリアでコンピュータが文化として花開くことを先導した。一方、ケイは、ダイナブックというインタラクティブ・コンピュータを考案し、PCからタブレットまで、個人利用のコンピュータのあり方に多大な影響を与えた。

つまり、エンゲルバートは、コンピュータのあり方が、巨大なものから小型のものへ、集団利用から個人利用へ、計算利用から記号処理(文書)利用へ、という具合にドラスティックに変わる、その転換点を用意した人物になる。エンゲルバートがいなかったら、PCというコンセプトが生まれず、その後のコンピュータパワーの利用のされ方も、今とは全く異なるものになっていたかもしれない。

このように60年代には、エンゲルバートを始めとして、今日の情報社会に連なる多くのビジョナリが、そのビジョンを競い合っていた。それから50年を過ぎて、そうしたコンピュータの父祖にあたる人たちが、一人また一人と一生を終えている(エンゲルバートよりも遥かに若いジョブズが亡くなったことは周知の通りだ)。

そういう意味では、改めてコンピュータの開発と発展の足跡を確認するタイミングなのかもしれない。そして、その上で、50年経った21世紀の今日の環境下で、今後のコンピュータの可能性について想像を巡らすべき時期なのかもしれない。

ダグラス・エンゲルバートの冥福を祈りたい。

author: junichi ikeda

CONCEPT

FERMATは、コミュニケーションという社会の基底を与える領域の変化の徴候に照準しながら、未来のビジョンを描くことで、新たな何か=“X”、の誕生を促します。